ウッドデッキの作り方の手順やコツを解説!作りたいけど何からしていけばいいか分からない人は必見!!

DIY

こんにちは、キャロみです。

ここでは、「ウッドデッキの作り方」について解説します。

家を建てたら「ウッドデッキとか欲しいな~」とか思う人は多いのではないでしょうか?

ウッドデッキがあったら、天気のいい日はBBQをしたり、夏場にはビールを飲んだり、花火をしたりと、人生の楽しみが増えますよね。

でも、ウッドデッキを作るのに業者に依頼すると『予算より高い…』(←実際に我が家もそうでした)

そこで!!

「安くウッドデッキ作るにはDIYしかない!」と思い、実際にウッドデッキ作っちゃいました!

「ウッドデッキ作るってちょっとハードル高いな…」という人も多いと思います。そんな人のために、今回はウッドデッキを実際に作った時の手順・金額・材料等解説していきます。

ウッドデッキを作ってみたい!何すればいいの?そもそも作れるの?という人の参考になれば嬉しいです^^ ぜひ最後まで読んでみてください!!

スポンサーリンク

大まかな流れはこんな感じ!!

  1. 設置場所を決める
  2. 形状・寸法を決める
  3. 設計図の作成
  4. 材料選定・購入(木材・工具・塗料等)
  5. 基礎
  6. 木材カット・やすり掛け・塗装
  7. 木材組み立て

設置場所を決める

設置場所の選定がウッドデッキ作成に際して一番重要!!

設置位置に問題があると、すべてにおいて後悔が残ってしまいます。

使用用途によっても設置場所は変わってくるので、しっかり検討した上で決めていきましょう。

~設置場所を決める際には、以下のようなところを注意しながら考えていきましょう。~

  • 設置場所は日当たり・風通しが良いか。(日当たり・風通しの悪い場所では、木材の劣化が早くなってしまう)
  • 設置したことによる水の跳ね返りで、窓は汚れたりしないか。
  • 近所からの見え方はどうか。(道路等に隣接している場合、周囲の視線が気になってしまう)
  • 利便性は良いか。

使用する人が「ウッドデッキがあって良かった~!!」と思えるような、設置場所の選定をしていきましょう!!

ウッドデッキの用途・設置時の注意点についてはこちらで解説しています。

形状・寸法を決める

ウッドデッキの形状・寸法はどうするのがベストなのか、使う状況を考えて基本的な構造を決めていきましょう。

この段階で完成イメージが出来ていると、後の工程での迷いも少なく、ミスも大幅に減ります。

「ウッドデッキの構造についてよくわからない」という方はこちらをご覧ください。

設計図の作成

大まかな形状が決まり、寸法が測れたら設計図を書いていきましょう。

実際には細かい書き方等もあるみたいですが、初心者で細かい設計図を描くのは難しいです。

自分がわかる範囲で書けば問題ないと思います。

私も初めてのDIYがウッドデッキだったこともあり、設計図はだいぶざっくりした感じになっています。

材料の選定・購入

 ウッドデッキをDIYするにあたり必要となってくる材料・工具は以下のようなものになります。

  1. 木材
  2. ビス
  3. 塗料
  4. インパクトドライバー
  5. メジャー
  6. さしがね
  7. 丸ノコ・スライド丸ノコ・のこぎり
  8. クランプ
  9. 水平器

以上の他にも人によっては必要となる材料があるかもしれませんが、私は上記の道具でウッドデッキをDIYしました。

また、板材をどれにしようか迷いますよね。

ウッドデッキに使用されている板材は以下のようなものがあります。

  • ソフトウッド
  • ハードウッド
  • 樹脂製

それぞれメリット・デメリットがありますが、こちらで解説していますので確認してみてください。

私はハードウッド(イタウバ)を使用しました。

購入した木材費用については以下になります。ウッドデッキ専門店のリーベで購入しました!!

~購入した材料・金額~

  1. 木材 約45000円
  2. 塗料 約3000円
  3. 束石 約5000円
  4. モルタル・バラス 約7000円

合計 約60000円

ウッドデッキをDIYしたことで、約6万円の低価格で作ることが出来ました。

実際の業者にお願いすると、倍くらいはかかってしまいます。

出来る事は自らすることで、金額を大幅に下げることが出来ます。

基礎を作る

ウッドデッキのように、荷重がかかったりするようなものは、基礎も考えなければなりません。

基礎がしっかりしていない場合、ウッドデッキをDIYしても地面に沈んで行ってしまい、水平がくるってくる事も考えられます。

以下で基礎に必要な材料・作り方について解説します。

~基礎に必要な材料~

  1. 束石
  2. 転圧器(手作り)
  3. 水平器・水盛り器(手作り)
  4. モルタル・バラス

基礎の作り方

①ウッドデッキを設置する箇所の地盤を転圧器を使用して固める。

②水盛りを実施して束石を設置し、モルタル・バラスで固める。

木材カット・やすり掛け・塗装

木材カット

ウッドデッキをDIYする際の木材カットはのこぎりでは、正直苦しいです。

デッキ材の種類によっては、ホームセンターで手に入ることもあるので、ホームセンターで購入した場合は、購入時にカットもセットにしてもらうと手間を大幅に減らすことが出来ます。

もしホームセンターに無い木材を使用する際は、丸ノコ・スライド丸ノコがあると、短時間でカットする事が出来るので、持っていない方は購入しておくことをおすすめします。

やすり掛け

ウッドデッキを使用する際は、裸足での利用も考えられるので、木材のやすり掛けは必須になります。

また、やすり掛けを行うことで、塗料が塗りやすいなどのメリットがあります。

ですが、やすり掛けについても木材が多い為、出来れば電動サンダーを使用する事をおすすめします。

塗装

塗装をすることで、好きな色にも出来ますし、防腐・防虫効果等のメリットもあります。

私が使用した塗料はキシラデコールシリーズ チーク色になります。

塗料に関する細かい詳細については、こちらで解説しています!!

木材の組み立て

さてここから本題の木材組み立てになります。

私はサンドイッチ工法を採用したため、そちらの解説になります。

①束石に束柱を設置し、ビスで固定します。

②束柱に根太を設置する。この時、根太どうしが水平になるよう確認しながら設置していく。

③床板を設置する。床板どおしに数センチは隙間を開けた方が、雨水等が溜まりにくい為、少し隙間を開けて設置しましょう。

隙間については、スペーサーを設置すれば簡単に作ることが出来ます。

私は10㎜程度隙間を開けて設置しました。

これがスペーサーです
10㎜の物を使用しています

④必要な人はステップを設置して完成です!!!

まとめ:ウッドデッキはDIY初心者の方でも簡単に作れる!!

私がウッドデッキをDIYしたのも初心者の時になります。

何から何までわからない状況でも、簡単にDIYすることが出来ました。

正直、ウッドデッキの構造についてしっかり理解することで、初心者の方でも簡単にDIYすることが出来ます。

この記事を読んで、少しでも「ウッドデッキをDIYしてみたい!!」と感じた方は是非作ってみてください!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました