水盛りとは・・・そんな悩みを解決!!水盛り原理・作り方を紹介!

DIY

こんにちは、キャロみです。

これからDIYしようと思っても、何を作るにもしっかり水平をとらなければバランスが悪くなり、安定性も欠けてしまいます。

そんなに大きいものを作らない場合は、水平器だけで問題無く水平をとる事が出来ますが、ウッドデッキのような大きいものとなれば、レベルをとるにも水平器だけでは到底厳しいです。

デジタルのレベル計もありますが、金額も結構かかってしまうし、DIY初心者でそこまでの工具は必要ないと思います。

でも・・・

「価格帯も抑えて、初心者でも簡単にレベルをとるいい物はないのかな~・・」

っと思う方も多いはずです。

ここでは

  • 水盛りとは・・・
  • 水盛り器の作り方

について解説します。

「大きな造作物を作るのに水平が取れない」「ウッドデッキのDIYを考えている」という方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

水盛りとは

水盛りとは、ホースの中に水を入れて、両端の水の高さが同じになる事で水平をとる方法です。

自然の力を利用するため、狂いもなく水平をとる事が出来ます。

 

この方法は昔から利用されていた水平をとる方法で、先人たちの知恵で作った水盛りの遣り方になります。

水盛り器に必要な準備物

  1. ペットボトル(2ℓ)
  2. ビニールテープ
  3. インパクトドライバー・ドリルビット
  4. 透明ホース(長さは測定したい範囲)
  5. カッターナイフ
  6. 紐(なんでもOK!)

これだけで簡単水盛り器が作れます。価格も約1000円未満に抑えれるためコスパはすごい高いです!!

水盛り器作成手順

①空になった2ℓペットボトルをカッターナイフを使って半分にカットします。

※この時カッターナイフを使用するため、お子さんと作られたりする場合は十分注意して作業を行ってください。

②カットした部分にビニールテープを巻きます。(怪我防止のため)

③ペットボトルの蓋に透明ホースが入るほどの穴を開けます。

(インパクトドライバーを使用する)

④透明ホースをペットボトル蓋の穴に通し、蓋とホースの隙間をビニールテープで塞ぎます。

(この時隙間が塞ぎ切れてなく、水が隙間から漏れてしまうと、きちんとした水平が取れなくなってしまいます)

⑤後は、ペットボトルの上部分に穴を2箇所開け、紐を通せば完成になります。

(紐はどこかに引っ掛けれるようにするため取り付けています。)

 

まとめ:ペットボトル水盛り器の性能は最高!!

今回は、ペットボトルで簡単に作成出来る【簡単水盛り器の作り方】について紹介しました。

作りは簡単で小学校の図工の時間に作りそうな物ですが、精度はものすごく高いです。

金額も抑えれて、簡単に水平をとる事が出来るのは、DIY初心者の方もすごいありがたいです。

作り方自体簡単なので、お子さんがいる家庭は一緒に作ってみると子供も喜びますよ!!

ウッドデッキの作り方も紹介していますので、良かったら見てみてください!!

「大きな造作物を作るのに水平が取れない」「ウッドデッキのDIYを考えている」という方の参考になれば嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました