1歳のおすすめ絵本5選~息子がはまった!買ってよかった絵本を紹介~

子育て

こんにちは、キャロみです。

赤ちゃんが生まれて、絵本を読んであげたいなと思うママも多いのではないでしょうか。

読み聞かせは赤ちゃんとママのコミュニケーションだけでなく、赤ちゃんの言葉の発達や情緒面にも良い影響を与えてくれます。

0歳のころは絵や「じゃーじゃー」「ぐるぐる」といった擬音語が中心の絵本が多いと思います。

1歳になり、少し言葉や文章のある絵本を読んであげたいなと探しても、絵本ってたくさんあって「どれを読んだら良いの?」と迷いますよね。

ここでは

  • おすすめ絵本5選
  • 1歳向け絵本を選ぶポイント

について紹介します。

「1歳向けの絵本探している方・選び方がわからないか方」の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

おすすめ絵本5選

 実際に私の1歳の息子が読んで反応が良かった絵本、何度も繰り返し読んでいる絵本を紹介します。

『くっついた』  作者:三浦太郎  出版社:こぐま社

 金魚さんが二匹、ページを挟んで向かい合っています。ページをめくると、二匹が、、、

「くっついた!」

口をくっつけています。次のページをめくると今度はアヒルさん、、、その次は、ぞうさん、おさるさんが、、、「くっついた!」と繰り返していきます。

最後にはお母さんやお父さんも出てきてみんなでほっぺが「くっついた」!

わが子もこの絵本が大好きで、「ぴたっ!」と言いながらギューッとくっついてきてくれます^^読みながら親子のスキンシップもできる1冊です。

『どんどこももちゃん』  作者:とよた かずひこ  出版社:童心社

 おむつ1枚履いた、可愛い赤ちゃんの主人公「ももちゃん」。

どんどこどんどこと走りながらももちゃんはどこかに向かっています。途中で橋を渡ったり、坂を登ったり、クマと相撲をとったり、、、。

転んでもめげずに「どんどこどんどこ」と走って、最後にたどり着いたのは、、、お母さん!!

言葉の繰り返しがリズム感あって楽しく、何度でも読みたくなる1冊です。

『いないいないばぁあそび』 作者:きむら ゆういち  出版社:偕成社

 『あかちゃんの遊び絵本』シリーズでおなじみの「いないいないばぁあそび」。

最初はこいぬのコロが手で顔を隠して「いないいない・・・」

手をめくると「ばぁ~」。次はひよこのピイちゃん、ねこのミケ、、、と続いていきます。最後はママがお顔を隠して「いないいないばぁ」!

0歳の頃はママがめくって読んであげて、1歳頃になると子供が自分でめくっていって「いないいないばぁ」!と楽しめる1冊です。

 お出かけ版のボードブックなら丈夫で子供が絵本を破る心配もないし、また小さいのでお出かけの際にカバンに1冊入れておいても邪魔にならないのでとても便利です。

他にも我が家では「ごあいさつあそび」「いただきますあそび」「はみがきあそび」「ひとりでうんちできるかな」を持っています。繰り返し読んでいると絵本に向かって「こんにちは」と頭を下げたり、「いただきます」と手を合わせたりして真似をして楽しんでいます。また歯磨きやトイトレの導入としても使えますよ。

『なあになあに』  作者:あらかわしずえ  出版社:学研

 うさぎさんが出てきて、あかいまんまるおひさまかな?、、、と思ったら

ページをめくると「りんご」。次は、お月様かな?、、、と思ったらバナナ!いろんな形の穴が開いたページをめくるとブドウやみかん、さくらんぼ等おいしそうな果物が出てきます。「何が出てくるかな~?」とあてっこ遊びをしながら楽しく読むことができる1冊です。

こちらもボードブックなので丈夫で、持ち運びにも便利です。

 我が家には同じシリーズの『だあれかな』もあります。こちらは動物バージョンでめくるとぞうさんやおさるさん、きりんさん等の可愛い動物たちが登場します。

『はらぺこあおむし』  作者:エリック=カール  出版社:偕成社

 ママも一度は読んだことがあるのではないでしょうか?

お腹がぺっこぺこな1匹のあおむし。食べ物を探して、月曜日はリンゴを一つ、火曜日はなしを二つ、水曜日はすももを三つ、、、まだまだお腹がぺっこぺこなあおむしは木曜、金曜、土曜とどんどん食べ、、、ふとっちょになってしまいます。その後、さなぎになって最後はきれいなちょうちょになります。

あおむしの食べる果物や食べ物に小さな穴の開いたしかけ絵本になっているので、指を入れたりめくったりしながら楽しめます。とても色鮮やかな絵なので子供の目を引く1冊です。

 私もわが子もこの絵本が大好きです!1歳の息子は穴に指を入れて楽しみ、3歳の息子は最近は果物の数を自分で数えながら楽しく読んでいます。

1歳向けの絵本を選ぶポイント

 1歳の子供の絵本を選ぶ際、我が家での選び方のポイントを紹介します。

カラフルで文字が少ないもの

 小さい子は文字が多いより、カラフルで大きい絵が描かれている方が目を引きます。また、文章が長くなると集中も切れ興味が薄れてしまうため、文字が少なくてテンポよく読み進めていける絵本がおすすめです。

音が鳴ったりしかけがある絵本

 動物の鳴き声や歌などの音のなる絵本は子供の興味を引きます。音を鳴らしたり、一緒に歌ったりと楽しむことができます。

 また、切り抜きの穴をめくると何かが出てきたり、鏡がついて自分の顔が映ったりするしかけえほんは子供が大好きで、自分でめくって楽しみながら読む姿も見られます。

丈夫なボードブックや布絵本

 丈夫で破れにくいボードブックや布絵本であれば子供が破ってしまう心配が少ないです。また、口に物を入れてしまう小さい子でも布絵本は洗えるので衛生的にも良いと思います。

ボートブックや布絵本ばかりを選ぶわけではないですが、数冊でも持っておけば、小さいので持ち運びにも便利ですよ。

内容が繰り返しの絵本

 内容が繰り返される絵本であれば小さな子でも少しずつ理解して読むことができます。単純な内容でも、繰り返す中でのちょっとした変化が子供の興味を引き付けてくれます。

まとめ

 今回は我が家でのおすすめの絵本と、絵本を選ぶ時のポイントを紹介しました。とにかくわが子は仕掛け絵本が大好き!!絵本を通して子供との会話やスキンシップを楽しんでいます^^

皆さんも、お子様の好きな絵本が一つでも見つかって、大好きな子供との絵本時間を楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました